USバイオテックからの最新ニュース

ストレスと大気汚染

ストレスの多い社会に生きている私たちは、それによって惨めな気分になったり健康が悪化してしまうことがあります。あなたのストレスの原因は何でしょうか?近所での暴力、交通渋滞、騒音や汚染の激しい場所での仕事など、さまざまなものがあることでしょう。ストレスへの長期曝露は、疾患リスクに影響すると長く考えられてきました。また、ストレスが認められるときの大気汚染への曝露が、気道疾患に影響を及ぼすことも示唆されています。

2010年6月に発行された“Journal Environmental Health Perspectives”によると、研究者らは慢性的・心理社会的ストレスや生理的な悪影響が交通による大気汚染とリンクしていることを見出しています。

研究者らは、大気汚染曝露に対する呼吸反応から、慢性の社会的ストレスの影響を調べようと試みました。この実験では、24匹の生後12週間目の雄のラットを、二変数によって4つの群に無作為割付しました。すなわち、ストレス環境トリガーへの曝露を受けたラットと受けていないラットを、それぞれ1日につき5時間、用量を均一にするために制御しながら濃縮周囲粒子(CAP、大気汚染の細かい粒子状物質)またはろ過空気(FA)に曝露させました。より高齢の雄ラットのケージに週2回、20分ずつ長期のストレス事象を与え、気道疾患と関連する呼吸機能と血液由来の炎症マーカーを分析したところ、ストレスを受けたラットはストレスを受けなかったラットと比較してより高い白血球数、C反応性蛋白レベルと腫瘍壊死因子アルファを示しました。さらに重要なことに、ストレスを受けたラットのうち、CAPに曝露したラットの呼吸反応が高速で浅い呼吸パターン(呼吸数の増加、循環や流量の低下)を示しました。

サンプルサイズは大きくなかったものの、研究者らはこれらの所見に基づき、慢性的ストレスが大気汚染に対する呼吸反応に悪影響を及ぼす可能性を示唆するとともに、これらの効果を完全に理解するためには、より大きいサンプルサイズで長期的な調査をすることが必要であると述べています。ヒトに関しては、暴力や知覚されたストレスなどのストレス要因が交通関連の大気汚染という環境曝露と合わさった場合における、集団内での罹病性形成の可能性を示唆しました。

日々のストレス要因の中には避けることのできないものもあります。しかし、私たちは汚染への曝露量を評価し、健康実現のための方策を見つけるために予防的措置をとることはできるのです。車やトラック、バスを動かすための化石燃料の燃焼や、工業が作り出す揮発性の有機化合物(ベンゼン、トルエン、キシレンなど)を含む化合物や細かな粒子状物質が合わさったとき、これらのガスや粒子は私たちが呼吸する空気中にエアゾールを放出します。

USBioTekの環境汚染物質プロファイルは、内分泌かく乱化学物質である可能性を持つフタル酸塩に加え、ベンゼン、トルエン、キシレンを含む数種の揮発性の有機化合物に対する被験者の曝露を評価する簡単な尿検査です。尿サンプルは、分析物の安定性と回収を最大限にする登録商標Dip'N Dryストリップを用いて採取します。採取されたサンプルは、室温・普通郵便で送っていただくことができます。