USバイオテックからの最新ニュース

あなたの子供の鎮静剤はどれぐらい安全ですか?

2010年4月、FDA(食品医薬品局)と連携するマクニール・コンシューマー・ヘルスケアは、特定の乳児・小児用タイレノールおよび他のOTC液体薬のリコールを発表しました。当該リコールは薬物反応の報告によるものではなく、一部の製品に規定を上回る濃度の主成分が含まれている可能性があるための予防的措置です。 例えば、タイレノールは主成分のアセトアミノフェンが、軽度の疼痛および発熱、アレルギー症状、風邪などの症状を和らげるために含まれています。 一部の小児用モトリン製品も、必要な品質基準を満たしていない可能性があるとして、同様にリコールされます。 モトリン製品にはイブプロフェンが含まれています。 アセトアミノフェンと異なり、イブプロフェンは一般に非ステロイド性消炎性、あるいは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)として知られている消炎性薬です。 モトリンは、タイレノールのように軽度の疼痛にも使われます。

記載より高濃度の主成分が含まれることに加え、一部のリコール製品には社内の検査基準を満たさない可能性のある微粒子や非活性成分が含まれている可能性があります。

父兄や医療関係者には、リコール対象製品の子供への使用を中止すること、また、製品の1つを与えられた子供に予期せぬ症状が現れた場合には医療扶助を求めることがアドバイスされています。

リコールされる製品の詳細はについては、マクニール・コンシューマー・ヘルスケアのリコール製品情報ウェブサイトで見ることが出来ます。