副腎ストレス

副腎とコルチゾール

副腎とは左右の腎臓の上に位置する三角形の小さな臓器です。副腎皮質と呼ばれる外側の部分ではコルチゾールというホルモンが産生されています。

コルチゾールは生きていくために不可欠の大切なホルモンです。

副腎

ストレスホルモン「コルチゾール」

コルチゾールは様々なストレスに対応するための大切なホルモンです。コルチゾールの分泌量は朝から夜までの間に変化し、これを日内変動と言います。コルチゾールは起床時に最も高く、正午に向けて低下し、更に就寝時には一番低い状態へと変化します。

しかし、ストレスを多く受けすぎるとコルチゾールが多く分泌され、副腎は次第に疲労していきます。

コルチゾールの日内変動

正常な状態
乱れが生じた状態

副腎ストレス検査を検討すべき状況

下記のような状態にある方に適した検査です。

  • ストレス状態
  • エネルギー不足・疲労
  • 腹部の肥満
  • 不眠症
  • 不安感・うつ
  • 血糖調節不全

副腎ストレス検査を受けるメリット

検査結果レポートによって、自分のストレス状態を視覚化して理解することが出来ます。また、医療関係者に自分の状態を説明しやすくなります。

副腎ストレスの解決策は人により様々

ストレスマネジメントは忙しい毎日を送る現代人にとって必須事項と言って過言ではないでしょう。検査結果レポートを元に、まずは自分の生活習慣や食生活を見つめてみることが大切です。以下は改善のための一例です。慢性的なアレルギーや有害物質の蓄積もストレスとなります。

  • 適切な時間に起きて寝ること。朝日をしっかり浴びる。
  • 質の良い睡眠をとる。
  • 新鮮で栄養バランスの摂れた食事をする。
  • 副腎に必要な栄養を補給する。
  • しっかり呼吸する。時々深呼吸をする。
  • ヨガや瞑想をする。
  • 適度な運動をする。
  • アレルギー物質や重金属・環境汚染物質を避ける。
TOP